ゴールデンカムイ第288話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

第288話 爽やかな男

時は遡って1902年、ロシア領事館。キムシプの案内で土地の権利書を発見したウイルクたちは、権利行使のためには榎本武揚にたどり着く必要があると考えた。いかにしてそのような要人に会うか。キムシプには一人、心当たりがあった。

さらに遡り1869年。キムシプを含めた数人のアイヌは榎本武揚との土地購入の交渉のため五稜郭に出入りしていた。その際に馬用の井戸でキムシプと土方歳三は出会っていたのだ。
土方歳三は蝦夷共和国幹部にもかかわらずアイヌが北海道の土地を購入するという話をまったく知らなかった。榎本武揚が極秘裏に進めていた契約だったのだ。金塊を支払う段になったが隠し場所を知られれば全て奪われると考えたアイヌたちはロシア領事館から別の場所へ金塊を移すことを考え始める。

しかし政府軍による攻撃が激化し、土方歳三も負傷していた。偶然にもキムシプと出会い手当てを受けられ、土方歳三の頼みで函館山へとキムシプたちアイヌと土方歳三は向かった。
函館山から五稜郭が艦砲射撃を受けるのを見ていると政府軍兵士がやって来て、キムシプらと共にいるのが土方歳三だと知られてしまう。蝦夷共和国が完全に潰えてしまえばアイヌの土地購入の話も消えてしまうとキムシプは必死に抵抗するが、アイヌの一人が銃弾の犠牲となったうえに土方歳三は連行されてしまった。

そして1902年。キムシプは土方歳三が生きていると考えていた。ならば榎本武揚に話を通してもらえるかもしれない。権利行使できる可能性はあるのだ。
ひとまず五稜郭への総攻撃で実現しなかったロシア領事館からの金塊の移送をおこなうことにしたが、移す先はキムシプと土方歳三が出会った五稜郭の馬用の井戸にしたのだった。

 

薫風をまとう男

土方さんの若い頃、しかも穏やかにほほ笑むところが見られるとは…!きっと奢らず威張らず、男が惚れる男、というような人だったんでしょうね。それがたった2ページ足らずで語られている…。この頃の土方さんに出会って口説かれでもしたらそりゃたいていの女性は落ちますわね。

土方さんの蝦夷共和国への思いのルーツの一つにはアイヌへの恩義もあったのですね。てっきり喧嘩がしたくて榎本武揚と蝦夷共和国を築いてまた喧嘩がしたくてその構想を持ち出してきたのではと思っていましたが。まぁ実際に人を動かすならそういった大義名分が必要なんですけども。
でも、本心はわかりませんが、土方さんを突き動かすものの一つに、キムシプから受けた恩を返したいという気持ちもあるのかなぁと思うと土方さんの人間味がグッと増してとても良いですね…。
ウイルク・キムシプはじめアイヌと土方さんの間に切っても切れないご縁があるというのもなんと因果なことでしょうか。きっと網走監獄でウイルクから色々聞いているのでしょう。アイヌの土地の権利のこと、金塊をめぐる闘争とキムシプのこと、アシリパさんのこと。でも出会ってすぐに父からの話をアシリパさんへ伝えなかったのはやはりアシリパさんのほうに覚悟が必要で彼女の気持ちが整うのを待っていた…という感じでしょうか。

土方さんの語るウイルクの思いというのも非常に気になりますね。果たして本当に蝦夷共和国やアイヌ安住の地のために蜂起を呼びかけてほしいというのがアシリパさんに向けた思いなのかどうなのか。その思いを受け取ってアシリパさんはどうするのか。アシリパさんはどう考えどう動くつもりなのか、引き続き目が離せませんね。

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第287話感想

ゴールデンカムイ第286話感想

ゴールデンカムイ第285話感想

ゴールデンカムイ第284話感想

ゴールデンカムイ第283話感想

ゴールデンカムイ第282話感想

ゴールデンカムイ第281話感想

ゴールデンカムイ第280話感想

ゴールデンカムイ第279話感想

ゴールデンカムイ第278話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください