ゴールデンカムイ第277話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

第277話 花沢勇作童貞防衛作戦

花沢勇作の見合いの件は鶴見中尉(当時は少尉)の耳にも入った。第七師団所属のはずの鶴見中尉が第一師団長・奥田秀山(ヒデノブ)中将に呼び出されていた。話の発端はアイヌの金塊。
中央のため金塊を見つけてほしい、第七師団長の花沢閣下には貸しがあり自由に動けるので集めた情報は上官たちを飛び越え逐一私へ報告してほしい――というのが奥田中将の依頼だった。花沢閣下への貸しというのが、今回杉元も関わっている勇作さんの見合いの件だ。
しかしながら奥田中将の会話からうかがえる事情はもう少し複雑なようだった。
まず花沢閣下は薩摩藩出身。当時の陸軍内では薩摩と長州の派閥争いがあり、薩摩側に不利になることを恐れ小倉藩出身であり中立の立場である奥田中将に本件の助けを求めてきた、というのが奥田中将の談。そしてさらに鶴見中尉が新潟は越後長岡藩の名門士族の出であることも明かされる。
北越戦争の恨みがあり薩摩も長州も憎いはずだ、アイヌの金塊で陸軍内の藩閥政治に終止符を打とう、と奥田中将は畳みかける。

第一師団司令部を出たあと鶴見中尉は、奥田中将は薩長の派閥争いにおいては中立ではなく長州側だと推測していた。奥田中将は薩摩側へ金塊が渡るのを恐れているのだろう。当時の陸海軍では「薩長出身者でなければ軍人にあらず」と言われるほどに薩長の力が強く、激しい派閥争いがあったのだ。
ロシアでの諜報活動により得たアイヌの金塊の情報の裏付けも取れ、北海道でいよいよ金塊探しをおこなう前に、花沢勇作と菊田軍曹に会うため鶴見中尉は陸軍士官学校へ足を向けた。

勇作さんの見合い相手・金子花枝子令嬢から二度目の見合いについて連絡があった。場所は同じく帝国ホテル。杉元は菊田に替え玉とバレたらどうするのかを聞く。勇作さんの童貞を奪えという今回の見合いの意図を知っている令嬢はどうなるのか――その質問に菊田は「第2の作戦」とだけ答える。
陸軍士官学校では見合いの件が勇作さん本人にバレていた。事務の女性がうっかり「帝国ホテルの件」と口を滑らせたのだ。ここ数日の勇作さん宛の手紙・電報はすべて菊田軍曹を通るようになっていた。直接本人に聞くと言い出ていった勇作さん。そこへ入れ違いで鶴見中尉がやって来て、花沢家の醜聞を知る人間が帝国ホテルに集まる事態になる。

帝国ホテルでは再び杉元と金子花枝子が食事の席についていた。杉元のもとへ運ばれるのはビーフスチウ。しかし給仕の女性が手を滑らせて杉元の軍服にシチューをぶちまけてしまった。着替えを進め上階へ杉元を連れていく金子花枝子。階段を上がる二人の様子を月島軍曹が見ており、勇作殿ではないかと鶴見中尉一行はあとを追う。
帝国ホテルの客室まで連れてこられた杉元は、あまりに周到な用意にあやしいと思いながらも、金子花枝子に勧められるがまま浴室で軍服を脱ぎ丸裸になっていた。そこへ浴室へ入ってこようとする金子花枝子。扉を閉めてなんとか金子花枝子と浴室に二人きりになるのを防いだ杉元だが、金子花枝子は「私を拒むなら考えがある」と言い、今回の件は花沢家にとっては醜聞になるのだと言い放つ。
母上が私を軍から遠ざけたいのだろうと勇作さんになり切って答える杉元。花沢夫人はかつて日清戦争で広島予備病院で看護婦をしていた。戦争の怖さをよく知る母の気持ちを汲んではどうか、という金子花枝子の揺さぶりに、杉元は「勇作が決めることだ」と替え玉と偽ることを捨てて答え、浴室の窓から外にいる菊田へ向かって替え玉であることが知れた合図を送った。

その頃、金子花枝子と杉元がいる客室の前では、先ほどの給仕の女性に扮していた、金子花枝子のお付きの女中・山村ハマ子が仁王立ちしていた。鶴見中尉に、陸士候補生と若い女性を見なかったかと聞かれ、知らないと白を切るハマ子。しかしハマ子が守るようにして前に立つ扉から、金子花枝子が「勇作さん」と呼びかけるのが聞こえてしまい、菊田が見合いを潰すよう指示されているにもかかわらずなぜ二人きりで部屋にいるのかと鶴見中尉は非常に訝しみ、客室の扉を蹴破って中へ入った。
突然の乱入者に、出ていかないとすべて陸軍に話すと震えながらも言い放つ金子花枝子。そんな彼女に鶴見中尉は、穏やかな紳士的な物腰ながらも、そうするならあなたを殺さねばならないと返す。
そのやり取りを浴室のドア越しに聴いていた杉元。口封じに殺すのが菊田の言う「第2の作戦」とは許せない、と憤り、裸に軍帽だけの格好で浴室から飛び出す。そして未だ勇作さんと会ったことのない尾形百之助にとって、替え玉とはいえこれが腹違いの弟との出会いになるのだった。

 

誰のための道か

今回は鶴見中尉の出自が明らかになりましたね!越後長岡の名門士族…。
文句のないお家柄であることがわかって、一つ疑問なのが、鶴見中尉って日露戦争後も中尉までしか昇進してないのですよね…。士官学校を出てすぐ少尉になるものだったと以前調べた際に本で読んだ記憶があるので、日清戦争やロシアでの諜報活動などがあったことを考えると、勇作さん童貞防衛作戦のときには少尉ですが、この時期にも中尉くらいにはなっていてもよいものなのでは?と思うのですが…。諜報活動は大っぴらに評価されず昇進にはあまり影響がないとか?それとも上官をすっ飛ばして奥田中将へ報告、という変な報告体系があるがゆえに、きちんと自分の上官に評価されていないのでしょうか。こちらの推測は作中にも仄めかされる描写がありましたよね。
あとはやはり今回出てきた薩長派閥争いでしょうか。九州出身でない鶴見中尉は昇進のチャンスがあまり回ってこないのですかね…。そういった事情があるなら、「中央にはうんざり」という今回の発言も納得です。こうして使われるだけ使われて見返りはほとんどないのですからね…。

そして中央からも鶴見中尉に正式に(奥田中将が上官すっ飛ばさせてるあたり正式とは言い切れない気もしますが)金塊捜索の依頼がされていたということも明らかになりました。だからこそ中央からのスパイとして菊田が鶴見中尉のもとについていたのですね。でも中央から金塊の話があった時点で菊田が鶴見中尉側にいなかった、という事実から、菊田=中央のスパイ、というのに鶴見中尉はもう気付いてそうな気もしますが。

中央のスパイといえば菊田と尾形の関係も気になるところ。おそらく今回の勇作さん絡みの件で接触があったであろうことは想像できますが、そこからどうして尾形が中央側へつくようになったのか?それとも本当は菊田とも仲間ではなく二重三重に周囲を騙しているのか?物語もかなり終盤へ来ているのに未だにまったく真意が読めない男です、尾形は。

ところで中央=第一師団in東京、という理解なのですが合ってますよね…?

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第276話感想

ゴールデンカムイ第275話感想

ゴールデンカムイ第274話感想

ゴールデンカムイ第273話感想

ゴールデンカムイ第272話感想

ゴールデンカムイ第271話感想

ゴールデンカムイ第270話感想

ゴールデンカムイ第269話感想

ゴールデンカムイ第268話感想

ゴールデンカムイ第267話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

「ゴールデンカムイ第277話感想」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください