ゴールデンカムイ第311話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

第311話 アシリパの選択

鶴見中尉のいる先頭車両へ向かうため1号車の後方より車両内へ入ることにしたアシリパ・杉元・白石。
しかしアシリパは杉元と白石に、ここから先は来るな、と言う。北海道の土地の権利書は自分だけの問題だと。
そのとき先頭車両と1号車の連結が外され、先頭車両だけが先に進んでしまっていた。

時間のない中、アシリパは杉元と白石に最後のお願いを伝える。
金塊の眠る井戸のことを忘れてほしい。
金塊がある限り殺し合いは続く。
黄金のカムイの呪いを断ち切りたい。
いちばん大切な人まで失いたくない。

必死に二人の説得を試みるアシリパの気持ちに押され白石はアシリパを一人で行かせようとするが、杉元はそうはさせなかった。
アシリパを抱え、切り離された連結部の溝を飛び越え、二人で鶴見中尉に立ち向かう。相棒なのだから二人で行くのだ。

先頭車両では鶴見中尉の銃撃も厄介だが何よりまず汽車を止めねばならない。アシリパが操縦席に立ち操作を試みる。
杉元は鶴見中尉との最終決戦に臨む。鶴見中尉は足場の悪いところへ誘い出し一対一の状況を作り出したかに見えるが、真意はどこにあるのか。

 

いざ最終決戦

アシリパさんの本音が聞けて本当によかった!!
杉元と白石が彼女にとって守りたい存在になっていて嬉しい。
先にある大義を見ている人の多い印象のゴールデンカムイですがすぐそばにいる仲間や家族ももちろん大事。

金塊の行く末をきちんと考えていたんですねアシリパさんは。
おそらくことが片付いたら井戸を埋めて葬り去る気なのでしょう。
杉元と白石が金塊の在り処を忘れてくれれば成立します。
…そう、もうあの井戸に金塊があるのをハッキリ見たのは、この二人とアシリパさんだけになってしまったのですよね…。
アシリパさんの言う通り、本当に、みんな死んでしまいました。

関わった人間をことごとく滅ぼしてきた黄金のカムイ。
このカムイがどうなるのかは、鶴見中尉がどのような結末となるか次第でしょうか。
余談ですが鶴見中尉は井戸を見ていませんが、井戸に何かあると察しがついている様子でしたからね。
それに気付き報告していたのは月島軍曹でしたが、彼はもう鶴見中尉の命には従わないでしょう。
鶴見中尉も多くのものを失ってきましたね。
第七師団の兵士も多くが死傷し軍にももはや居場所はありません。
腹心の部下も手放す結果となりました。

多くの人を失いながら黄金のカムイを求めて走り抜けてきたこの作品も残すところあと3話…
本当ですか?
あと3話で鶴見中尉が何を語るのか…アシリパさんは金塊をどうするのか…
そして杉元は何を得てどう生きていくのか。
楽しみすぎて待ち切れません。

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第310話感想

ゴールデンカムイ第309話感想

ゴールデンカムイ第308話感想

ゴールデンカムイ第307話感想

ゴールデンカムイ第306話感想

ゴールデンカムイ第305話感想

ゴールデンカムイ第304話感想

ゴールデンカムイ第303話感想

ゴールデンカムイ第302話感想

ゴールデンカムイ第301話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

モバイルバージョンを終了