ゴールデンカムイ第308話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

第308話 似た者同士

列車は3両目に尾形を除く全員が集まっていた。しかし鶴見中尉は屋根の上、月島軍曹と鯉登少尉は後方の連結部で倒れ込んでおり、車両内ではヒグマと土方・杉元・白石・アシリパが対峙している状況となる。

すでに瀕死のはずの土方の切っ先はヒグマの鼻に刺さり、ヒグマは後退して2両目へと戻っていった。
鶴見中尉は屋根伝いに尾形のいる2両目へ渡る。奪った矢筒に権利書が入っていることを確認すると、尾形に杉元たちを狙撃するよう指示した。

一方の車両内では2両目に戻ってきたヒグマに向け兵士たちが発砲していた。そしてヒグマが過ぎ去り3両目への道が開けたため兵士たちの発砲は未だ剣を振るう土方へ向けられる。
銃撃を受け膝をつく土方の目に、若き日の己と杉元佐一が重なり…土方歳三は杉元佐一に愛刀・和泉守兼定を手渡した。
やがて馬で乗り付けた永倉新八と夏太郎が土方を静かに見送った。

2両目車両の屋根では尾形がヒグマの姿をとらえていた。兵士たちの攻撃に押されたヒグマは連結部から屋根へ上がろうとしていた。
尾形はヒグマの脳めがけて発砲したが、ヒグマの頭蓋骨は分厚いため倒れない。落ち着いて頭以外の場所を狙おうとする尾形の背後から、杉元が土方歳三から譲り受けた刀でその心臓を貫いた。

 

心穏やかならず

土方さんがヒグマにやられなくてよかったなぁ…
もう鯉登少尉との一騎打ちで命運は見えていたけど
最後まで大勢の敵相手に戦って命を散らすという終わり方が
喧嘩好きの新撰組らしくて本当によかったなぁ…

などと土方さんについては比較的心穏やかに見送ることができたのですが
まさかの最終ページで尾形!!!
土方さんの刀がもう役に立ってる!!
このページで心が滅茶苦茶になりましたよ…。
暴走列車地獄行きの名は伊達じゃない…。

さすがの尾形も心臓を刺されてはもう…。
しかも尾形は狙撃手なので将棋みたいに先の先を読んで有利に駒を進めることが得意なのであって
肉弾戦では杉元が圧倒的に有利だと思うんですよね。
出会ったときに杉元と取っ組み合っているけど不利を悟った尾形のほうが早々に離脱したし…。
しかも心臓に刀が刺さってるんですよ?それも背後から!
私は背中から刃物が貫通した経験はないですけど背中からいかれたら自力じゃ抜けないのでは?

尾形と杉元の因縁は語るまでもないですが
尾形は一度ならず二度も土方陣営に身を置いてもらっていたこともありますし
真意がわからない不気味さはありつつも土方陣営ではそれなりに仲良くやれていたと思うのですよね。
それが最終的に土方さんの得物でやられてしまうということは
「義」のある土方さん杉元からすると
自分のことしか考えず、人を騙し、都合良くすり寄ったり離れたりする、
(本当に猫ちゃんみたいなやつですね…)
そんな尾形とは相容れない…という意味合いになるんでしょうか。

土方さんも杉元も、もはや自分の利害なんぞではなくて、アイヌのために戦っているのですね。
土方さんは喧嘩がしたい、杉元はアシリパさんを守りたい。
大義と個人的な欲望がどちらも成り立っているのが、周囲に人がついてくる理由かなと思います。

土方さんには、ご本人も悔しいと語っておられたように、まだまだ走り続けてほしかったなぁ…。
一読者としても本当に悔しいです。
でも最後まで最高にかっこよかったです。

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第307話感想

ゴールデンカムイ第306話感想

ゴールデンカムイ第305話感想

ゴールデンカムイ第304話感想

ゴールデンカムイ第303話感想

ゴールデンカムイ第302話感想

ゴールデンカムイ第301話感想

ゴールデンカムイ第300話感想

ゴールデンカムイ第299話感想

ゴールデンカムイ第298話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください