ゴールデンカムイ第307話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

第307話 ちんぽ先生

手投げ弾の爆発を一身に受けアシリパをかばった牛山は片腕がなくなっていた。
アシリパの支えもむなしく牛山はその巨体を床へ横たえた。

杉元はヒグマの姿を確認し慌てて引き返す。大勢の兵士もヒグマから逃れようと杉元に続く。

牛山の最期に涙するアシリパ。その傍らで、座席の下に置いていたはずの矢筒がないことに白石が気付いた。
矢筒は月島軍曹が手にしていた。デッキへ出て列車の屋根にいる鶴見中尉に手渡す。さらに戦闘をすべく月島軍曹を屋根へ引き上げようとする鶴見中尉だが、鯉登少尉が上着を掴んで月島軍曹を止めた。
強敵を排除し権利書も入手した月島軍曹の働きは充分だから解放してやってほしい――鯉登少尉の訴えに鶴見中尉は一体何を思ったのか。月島軍曹を連れていくことを諦め一人矢筒を持ち屋根の上を歩きだした。

ヒグマ騒ぎで後退してきた杉元はアシリパ白石と合流した。そこへ致命傷を受けたはずの土方歳三が剣を手にやって来た。第七師団の兵士を斬ってはいるが、かつての新撰組の仲間の名前を叫ぶなど明らかに様子がおかしい。やがて杉元を追って来たヒグマに向き合いその頭に斬撃を叩き込む。

 

到達と解放

牛山が召されるとき家永を思い出すの…本当にありがとうと言いたい…。
二人とも頂点を極めた生き様だったなと思います。
家永は母になるインカラマッに完璧さを見て助けることを決心した。
牛山はもともと不敗でしたがその強さが最も輝いたのはアシリパさんを守ったときだった。
しかも今回のサブタイトルが牛山なんですよ。ずるくない?
喧嘩で負けたことのない牛山は不敗のまま逝ってしまう…
白石の言う通り格好良すぎるんですって。
家永も欲望のまま生きる人かと思いきや最後は母と子を守って逝くだなんて…。
この二人はすごく印象深い役目の終え方でしたね。

鶴見中尉は月島軍曹を道連れにしたかったのかな。
鯉登少尉のことはもともと手放してやるつもりだったと思いますが
月島軍曹まで鯉登少尉側に引き込まれて自分の元を離れるとは思わなかった…
という衝撃と当てが外れたことによる多少の苛立ち…といったところでしょうか?
あの黒塗りの表情が気になりますねぇ…。
かたや月島軍曹はエンジンが焼き切れたかのように目を閉じています。
戦うため自分を無理やり鼓舞していたけどその必要がなくなってしまったので
力が抜けてへたりこんでしまった、というようなところでしょうか。
これにて月島軍曹と鯉登少尉のたらし込みの物語は本当に終了ですかね?
あと残るたらし込みは尾形…一番の難敵が鶴見中尉の前にいますね…。

土方さんはまだまだ京の街を走っていてちょっとだけホッとしました。
あのまま若い薩摩隼人に斬られて終わってしまう人ではないですよね。
最期に一花咲かせる人ですよね。
でも次回にヒグマにやられてしまうんでしょうか…?そんな土方さん見たくない…。
ヒグマの頭に剣戟って有効なの?教えてアシリパさん!

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第306話感想

ゴールデンカムイ第305話感想

ゴールデンカムイ第304話感想

ゴールデンカムイ第303話感想

ゴールデンカムイ第302話感想

ゴールデンカムイ第301話感想

ゴールデンカムイ第300話感想

ゴールデンカムイ第299話感想

ゴールデンカムイ第298話感想

ゴールデンカムイ第297話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください