ゴールデンカムイ第305話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

第305話 迷い

列車内で剣をかまえ向き合う土方歳三と鯉登少尉。土方歳三は鯉登少尉にはまだ迷いがあると語る。死をも覚悟した剣術でないことは永倉新八にも私的されていた。
幼い頃に父より教えを受けた自顕流は、初太刀に全てを込める。あとのことは考えない。避けられるなどといった迷いを捨てるのだ。相手が強いほど迷いは伝わってしまう。
車両内には土方歳三らによって散々な被害を受けた部下たちがそこかしこに転がっていた。彼らのために、自分だけではないもっと多くの誰かのために、鯉登少尉は腹を決め剣を構える。

牛山と月島軍曹の戦いはまだ続いていた。投げ飛ばされた先にいた部下より手投げ弾を受け取った月島軍曹はそれを投げるが、撃針にショックを与えず受け止めた牛山。逆に投げ返され月島軍曹の至近距離で爆発してしまう。
その爆発音に土方歳三が視線を後方へやった刹那、鯉登少尉が全身全霊を乗せた初太刀を土方歳三へ叩き込む。土方歳三が足で銃剣を持ち上げその刃が頬に刺さっても鯉登少尉はひるまない。土方歳三は自顕流の重たい一の太刀を受けざるを得なかった。

杉元は2両目へ進んでいた。函館駅に着く前に一人でも多くの敵を減らしたい。
1両目では兵士たちが状況を把握すべく後方へ集まって2両目の様子をうかがっていたが、そこへ先頭からヒグマが列車内に乗り込んできた。

 

剣豪対決、着火

鯉登少尉の決意、かっこよかったですね!
たくさんの誰かを背負い戦う。自分のためではなくて誰かのため。
鯉登少尉が自らに課せられた使命を理解した瞬間ですね。
鶴見中尉に首ったけだった頃であれば鶴見中尉のために戦ったでしょうが
今の鯉登少尉は鶴見中尉ではなくて未来を見ています。
金塊争奪戦が終われば間違いなく鶴見中尉は今のままではいられない。
そうなったときに部下を守る。
そして今も土方歳三や牛山たちから部下を守る。
部下を守る、という上官であれば至極当然な動機ですが、
鯉登少尉は金塊争奪戦の中で鶴見中尉の様々なおこないや
月島軍曹をはじめとした周囲の人間の事情や動機を知り、
その自覚がめきめきと育ったのでしょう。
将校の家に生まれ父と兄の思いを受け継いだ人間が果たすべき使命を
果たすべく命をかけた一撃を放ちました。
それを受けた土方さんがどうなるのか、鯉登少尉もどうなるのか…
場数を踏んでいるぶん土方さんのほうが戦場で生き残るという点では秀でていますが
単純な剣術だけであれば幼少期より英才教育を受け若く力のある鯉登少尉が有利そうです。
さて、純粋な剣士対決となるのか、それともなんでもありの戦場作法が優勢となるのか、
どちらも大好きなキャラクターなのでできれば決着がついてほしくありませんが、
次週どのような決着になるのか見守りたいと思います…。

ヒグマは本当にヒグマだったんですね。何かの比喩かもしれないとも思いましたが。
前回だと出血しているような描写がありましたが汽車にはねられたのでしょうか?
それで乗り込んできているとすればモンスターですね…。
走っている汽車に乗り込んでいる時点でもかなりのモンスターですが。
これで敵がかなり減りそうですが杉元のライフもすごく減りそうですね。
ヒグマvs杉元、楽しみです。

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第304話感想

ゴールデンカムイ第303話感想

ゴールデンカムイ第302話感想

ゴールデンカムイ第301話感想

ゴールデンカムイ第300話感想

ゴールデンカムイ第299話感想

ゴールデンカムイ第298話感想

ゴールデンカムイ第297話感想

ゴールデンカムイ第296話感想

ゴールデンカムイ第295話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

モバイルバージョンを終了