ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ第266話感想 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ第266話感想

第266話 小指の骨
1897年、ウラジオストクにて。奉天会戦の前、まだ頭部を負傷していない頃の鶴見中尉(当時は少尉)と月島軍曹が街はずれの高台から、街や港を見下ろしていた。ウラジオストクとは「極東を支配せよ」の意味を持つ。ロシア極東でただ一つ凍らない港であり、戦争になれば占領が不可欠と言える、日本にとっては重要地点だった。
ゴールデンカムイ第265話感想 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ第265話感想

第265話 鍵の穴
追手をまきアシリパさんとソフィアを手に入れた第七師団。合流地点である教会付近に着くも、馬に乗っていた3名が到着しておらず、鯉登少尉を残し菊田特務曹長と月島軍曹は彼らを探しにその場を離れることになる。
ゴールデンカムイ第264話感想 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ第264話感想

第264話 小樽の病院で見た女
月島軍曹の馬に飛び乗ったのはソフィアだった。ソフィアの仲間たちが二階堂ら他の第七師団を撃ち始める。
ソフィアは月島軍曹の馬にくくりつけられている大きな袋の紐を切ると、銃を月島軍曹の後頭部に突き付けた。
ゴールデンカムイ第261話感想 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ第261話感想

第260話 死守
鯉登少尉がアシリパさんを見つけ、海賊をビールの海へ逃がしてしまったあと。階上から呼びかける月島軍曹の声に返事をするその背中に、ビールの海を戻ってきた海賊の手が伸び、ビールの中への引きずり込まれる。
ゴールデンカムイ第260話感想 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ第260話感想

第260話 死守
鯉登少尉がアシリパさんを見つけ、海賊をビールの海へ逃がしてしまったあと。階上から呼びかける月島軍曹の声に返事をするその背中に、ビールの海を戻ってきた海賊の手が伸び、ビールの中への引きずり込まれる。
ゴールデンカムイ第259話感想 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ第259話感想

第259話 故郷を作る
網走監獄での在りし日。懲罰房に入れられていた海賊が出てきた。上エ地が海賊に「外で叔母が待っている」という嘘をついていた。からかわれたと気付いた海賊は上エ地を殺しかねない勢いで殴り、懲罰房行きになっていた。