ゴールデンカムイ第271話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

第271話 まだら模様の金貨

教会の外では見張りの二階堂が有古を見つけた。有古は鶴見中尉からスパイとして土方側へ送り込まれたことを利用し、土方一派の居場所を教えに来たと言い切り抜ける。しかし二階堂はそれだけでは信じず、この教会のことは誰から聞いたのかと有古に詰め寄る。咄嗟に菊田から聞いたと言った有古だが、すぐに機転をきかせて、あっちに杉元がいると教えた。すると二階堂は有古の指さした方向へすぐさま走り去っていった。

教会の中では鶴見中尉によるアシリパさんの説得が続けられていた。日本国もウイルクやキロランケと同じ危機感を持っている。弱いものは食われる。極東連邦は大陸に政府が作られる可能性が高く、大陸にある政府がロシアに制圧されれば自動的に北海道もロシアに奪われてしまう。北海道が独立した蝦夷共和国は国力テコ入れのため移民を募り、その際に日本を敵対視する勢力が共和国政府に送り込まれる可能性がある。蝦夷共和国のほうは確率の話であり非常に現実味がある。つまりは北海道は日本に帰属意識がある者によって統治されるべきだ、というのが鶴見中尉の考えだ。
鶴見中尉はここで一枚の金貨を見せる。7人のアイヌたちが作ったものだった。独立を夢見て各地で採れた砂金を使い金貨を作った。それを見てアイヌの結束を呼びかけよう、というものだったのだろう。しかし金貨はまだら模様だ。各地の砂金は金の含有率が異なり混ざり合わなかったのだ。結束しようとして仲間割れに終わった彼らを皮肉っているようだった。

金貨に象徴されるように、全ての元凶はこの金であると鶴見中尉は考えていた。もともとアイヌには金を使った宝物などはない。アイヌの生活には必要のない、役に立たないものだった。それどころか砂金を採ったことで川が汚れ魚が穫れなくなりアイヌが飢えた…。アイヌの信仰では全てのものにカムイがいるとされているが、人間にとって悪いカムイもいる。黄金は人間に災いをもたらすカムイなのではないか。いわば「ゴールデンカムイ」。こいつが全ての元凶なのではないか?
7人のアイヌも、ウイルクもキロランケも、刺青の囚人たちも網走監獄の者たちもみな殺された。土方歳三や杉元たちも殺し合うだろう。アシリパさんの愛する人たちがみんな殺される、鶴見中尉の愛した妻と娘のように。

鶴見中尉はいよいよアシリパさんに金塊の放棄を迫る。暗号の解き方を教えろというのだ。ダメだと叫ぶソフィアの顔に、ウイルクの顔の皮を被せ呼吸を妨げる。アシリパさんに暗号の解き方を教える後押しとなる言い訳を与えているのだ。
そしてついに、アシリパさんしか知らないウイルクのアイヌ語の名前が思い当たることだ、とアシリパさんがこぼしてしまう。「ホロケウオシコニ」が、アシリパさんしか知り得ないウイルクのアイヌ語の名前だった。それを聞いた鶴見中尉は暗号を解いてしまうのか?

 

ゴールデンカムイ

ついについに、ゴールデンカムイの名前が作中で…!!
全ての元凶、ゴールデンカムイ。このカムイのおかげで作中の人間全員の人生が狂っているのだよね…。
ウイルク、キロランケ、ソフィア、鶴見中尉のゴールデンカムイに今まで最も近付いた人間はもちろん、そこから波及してたくさんの人たちが殺し合いの渦に巻き込まれている…。
ガンソクさんのようなごく例外を除けばほぼ全員死んでいるよねこの作品。

先週からも少し違和感あったのだけど、ウイルクは本当に蝦夷共和国を目指していたのかな?土方さんがこのあたり知っていたりしないかしら…。
合理的に考えるなら、やはり今の北海道が独立しても日本とロシアに挟まれてすぐ潰されるであろうことは見えているよね。アイヌ同士も結束していると言い切れる状態ではないしそこに移民を受け入れてしまえばさらに共和国内はカオスなことになる。内政はしっちゃかめっちゃかなのは間違いなし。そんな国が国防なんてできるだろうか。ウイルクがそこに考え至らないとは思えないから、蝦夷共和国というのも金塊を手に入れキロランケを遠ざけるための方便なようにも聞こえるのだけれど。
日本国派の代表鶴見中尉と、極東連邦派のソフィア、蝦夷共和国派は土方さん。前2名はここで存分に語っているからいいけれど、土方さんが何を語るかがすごく楽しみ。実は違う目的が…となったりしないかなぁ。

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第270話感想

ゴールデンカムイ第269話感想

ゴールデンカムイ第268話感想

ゴールデンカムイ第267話感想

ゴールデンカムイ第266話感想

ゴールデンカムイ第265話感想

ゴールデンカムイ第264話感想

ゴールデンカムイ第263話感想

ゴールデンカムイ第262話感想

ゴールデンカムイ第261話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください