ゴールデンカムイ第265話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

第265話 鍵穴

追手をまきアシリパさんソフィアを手に入れた第七師団。合流地点である教会付近に着くも、馬に乗っていた3名が到着しておらず、鯉登少尉を残し菊田特務曹長月島軍曹は彼らを探しにその場を離れることになる。
その3人は土方さんとやりあい、全員死亡していた。有古夏太郎が追い付き土方歳三一派は第七師団を探し始める。また、生き残っていたソフィアの手下もソフィアのため第七師団を追うのだった。

教会付近に一人残された鯉登少尉は、待っていてくれという月島軍曹からの言葉を無視し、教会の中へ入っていった。ソフィアの持つ写真を見たときの鶴見中尉の反応が気になり、ソフィアと何を話すのかを聞きたかった。こっそり勝手口から教会内部へ入り込むと、鶴見中尉がソフィアといる部屋の前でしゃがみこんでいる月島軍曹がいた。月島軍曹も鶴見中尉が何を話すのかが気になり、こっそり戻ってきていたのだ。
お互い鶴見中尉を信じていないのかとなじり合う。その中でも月島軍曹が指摘した、先ほど鯉登少尉は鶴見中尉と普通に会話できていた点が、鯉登少尉に深く刺さる。気付かぬうちに鶴見中尉を信頼できなくなり心が離れているのではないか――
図星の表情を浮かべる鯉登少尉だが、部屋の中より鶴見中尉が二階堂に指示を出す声が聞こえ、二人はすぐそばにある机の下に身を隠した。鶴見中尉は二階堂に教会からの人払いを念入りにするようにも聞こえる指示を出しており、さらにそこここの扉を開け誰もいないことを自分の目でも確認していた。鶴見中尉は部下に聞かれたくない会話をするつもりなのか。

いよいよ鶴見中尉がソフィアと向き合った。アシリパさんの猿ぐつわを外してやるとソフィアへ語りかける。いつか再会できると思っていた、と。ソフィアは鶴見中尉が誰かわからなかったが、妻フィーナ娘オリガの名前を出しさらには唯一の生きた証である指の骨を見せる。そこでソフィアは目の前にいるのが長谷川さんだということに気が付いた。アシリパさんも、ソフィアの持っていた写真が、若い日のウイルクキロランケであることに気付く。
鶴見中尉に妻子があったことは鯉登少尉と月島軍曹にとっては初耳だった。月島軍曹はその事実を知りこめかみに青筋を浮かべる。

鶴見中尉はキロランケの遺品から亜港監獄にいたソフィアとの手紙を入手しており、ソフィアが知っていることを把握していた。そこにさらに鶴見中尉が知り得ていることを合わせ、全てアシリパさんに教えよう、とソフィアへ提案する。
一体誰がアイヌたちを殺したのか?そしてなぜウイルクは殺されなければならなかったのか?
全て話してアシリパさんの「傷み」を取り除くと言う鶴見中尉の真意、そして金塊にまつわる事実とは――?

 

根っこのところ

怒涛のような展開になってきました…!
アシリパさん奪取のカーチェイスから一転、誰もが知りたかった事件の真相に迫るターン。一体誰がアイヌを殺したの?ウイルクはキロランケと尾形が殺したけれどあれも鶴見中尉には読めていたことだったの!?

私には読解が難しくて真相は皆目見当がつかないけれど、こうなってくると鶴見中尉は尾形の動きも把握していそうよね…。キロランケと共謀してウイルクを撃つのも想定内、みたいな。菊田との不自然なすれ違い(出くわしても何も争わない)から尾形は中央政府のスパイ説を推しているけど、それも鶴見中尉はもしかして知っているのかもなぁ…知ったうえで使い道があるので(それが何だかさっぱりわからないけど)まだ駒として生かしておいている、っていう感じなのかしら。

ゴールデンカムイのお話の中心にあるのは金塊だと思っていたけれど、これまでの情報を考えるとなんだかウイルク・キロランケ・ソフィアの3人と、長谷川さんこと鶴見中尉があらゆる事象に結び付いた中心にいるような気がしてきた。
もしかしたら作中で誰かが言っていた気がするように、金塊は本当はないのかもしれない…少量の砂金で信じ込ませ、土方さんや杉元たちを巻き込んでいる、何か別のもののための闘争なのかもしれない…。
そう思ってしまうくらいに、鶴見中尉の考えは読めないし、目的はきっと壮大でありながら根っこのところは家族への思いとかそういう一人で抱えているようなものなのでしょう。
月島軍曹が青筋浮かべているのもわかる気がする。これまで苦楽どころか生死を共にし身を盾にして守ってきた上司が、妻子がいたことすら知らされず、しかもその秘密の存在が(おそらく)金塊争奪戦の発端のようだ、ときたもんだ。もっと同胞のため、とかそういう崇高な目的のために命を懸けてきたのではなかったか?そう思って怒りが湧き上がるのもわかる気がする…。

そしてアシリパさんの「傷み」。わざわざカッコ付きで使われている言葉なので重たい意味がある言葉なのだろうとは思うけれど、私にはその意味がピンときていない。でも、なんとなくだけれど後ろめたい意味合いだろうなという気がするよね。
アシリパさんははじめこそ父親のせいで半ば強制的に金塊争奪戦に参加していたけれど、途中から私たちアイヌの未来のために、という大義名分のため進んで参加するようになった。これはキロランケの影響が大きいのかな。けどアシリパさんが参加する理由はもっと大きいものがある。それはもちろん、父親の真相を知るため。本当にアイヌを殺したのか?なぜキロランケはウイルクを殺したのか?金塊を使って父は何をするつもりだったのか(本当に少数民族のための戦いを起こすつもりだったのか)?
それらを知りたいというアシリパさんの金塊争奪戦参加の理由。その根っこにあるのはきっと鶴見中尉の言う「傷み」なのでしょう。父親が投獄され殺されたという傷のことを指しているのかな…。何であれ次週は本当の本当に目が離せない!

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第264話感想

ゴールデンカムイ第263話感想

ゴールデンカムイ第262話感想

ゴールデンカムイ第261話感想

ゴールデンカムイ第260話感想

ゴールデンカムイ第259話感想

ゴールデンカムイ第258話感想

ゴールデンカムイ第257話感想

ゴールデンカムイ第256話感想

ゴールデンカムイ第255話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

4件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください