ゴールデンカムイ第234話感想

こんにちは、うたげです。

ゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレ含むうえに一ファン個人の想像・妄想・曲解だらけなので苦手な方は気を付けてください。
小難しい考察はしない・できないので、気楽に読んでくれたら嬉しい。

 

 

第234話 蒸気船

謎の顔面入れ墨男を逃がしてしまい、連続殺人事件が起きている札幌へ向かうことにしたのか、石狩川を下ることにした杉元アシリパさん白石ヴァシリの四人。
石狩川は樺戸監獄へ物資を運ぶため舟運が発達していた。囚人たちにより川底の整備がおこなわれたのも大きく貢献している。そんな石狩川をくだり江別まで行けば、時間も体力もいたずらに消費せず札幌へ近づける。
外輪式蒸気船に乗り石狩川を進む三人。ちなみにヴァシリは蒸気船に連結された小舟に馬と一緒に乗っている。杉元やアシリパさんと距離を置くことで尾形が現れるのを待っているんだろう。
舟運は、陸路と違い自分たちで歩く必要もないし、船上ゆえ野生動物や悪人に怯える必要もそうない。アシリパさんのように船室で眠ることもできる。しかし船の外では異変が起こっていた。

海賊房太郎が杉元たちの乗る船を獲物に定めたのだ。アイヌから金塊絡みの情報を引き出すべく米を積み、懐が寂しくなった海賊は、得意の強盗を働こうと蒸気船の進路に小舟で立ちはだかる。
船長はじめ乗組員もこういう事態に覚えがないわけではない。石狩川では強盗被害の噂があった。手口はこう。小舟で汽船の横につけ乗り込み、乗客の金品や郵便物の現金書留を狙う。腰に銃をさしているのだから小舟の連中は間違いなく船を襲ってくるだろう。それであれば出鼻をくじくべき、そう判断した操舵者は舵を思いきり切り、小舟一艘に体当たりを仕掛けた。汽船にぶつかられては小舟はひとたまりもない。乗っていた強盗は川へ逃げ込んだ。
しかし運の悪いことに、親玉である海賊の乗る小舟ではないほうを体当たりで片付けてしまった。進路と位置関係からもう体当たりは使えない。手札を使い切った蒸気船は、今度は乗組員が金づちを手にし、船に向かってくる強盗どもが頭を水から出したらかち割る、と息巻く。でも海賊房太郎には金づちを恐れる必要はない。水から頭を出したところを心配する必要なんてないのだ。なぜなら水から一気に全身を出せるから。大きな足で水をかき、大砲みたいに自分自身を空中に発射し、一気に船の甲板に降り立つ。操舵者に船を止めるよう銃を突きつける――。

そこへ現れた白石と杉元。白石と海賊は網走監獄での顔見知りで、久々の再会に互いに名前を呼び合うが、この状況で名前を知っているということは、船員からすれば杉元と白石も、今この船を襲っている海賊房太郎の仲間であるように見える、ということ。グルだと勘違いした船員は杉元に掴みかかるが、その船員に海賊の銃が向けられていると杉元が気付き、撃たれてはいかんとやむを得ず船員を川へ投げ落とす。二人も船員を投げ落とした杉元を見て、白石の優秀な子分だと思う海賊。
船員が落ちていったことで船室内の乗客たちも明らかに異常事態と気付くが、さらなる事態が起ころうとしていた。進行方向からやってきた上りの蒸気船に、兵隊が乗っていることに海賊の子分たちが気付いたのだ。強盗するため乗り込んでいるところを見られては間違いなくお縄になる……さてこのピンチを海賊はどう切り抜けるつもりなのか?

 

イルカの房太郎

海賊さんの身体能力すごすぎない?イルカショーのイルカさんみたい。水生生物並みの射出力って、全身ほぼ筋肉なのでは…。
出会ったら即戦闘かと思ってたので、白石と海賊が出会ったときに海賊さんが楽しそうな表情を見せたのはちょっと意外。もしかして利害の一致からしばらく手を組む展開もあり得る…?
奪った金品で更にでかい金塊を狙い、そのために更に強盗するぜ!という気持ちのいい悪党っぷりを見せてくれた海賊房太郎。でかくて強くて男前で、もっと活躍を見たい!だから手を組むのは大歓迎。杉元は海賊のこと絶対に信用しないだろうしアシリパさんのこと守りたいからって海賊さんに敵意丸出しで、またヒリヒリした空気のパーティーになるのも見たい気がする。あと海賊から網走監獄での話とか色々聞けそうだし!

今回は杉元ありがとうとすごく思ったよ。時に世界観を伝えたり展開上仕方なかったりとか色々な理由があるだろうけども、それでも私は一般人が自らの意思に関係なく巻き込まれて死んだり怪我したり大切なものを失くしたりするのを見るのがけっこう心のダメージになるので…船員が撃たれないよう川に投げ入れてくれて杉元ありがとう優しい子になったね…と言いたい。
一般人を守る杉元って、私の記憶が薄れてるだけかもだけど、今まであまり見なかった気がする。巻き込まないよう配慮を見せる場面はあった気もするけども、こうしてわざわざ助けるような真似をするのは見なかったような気がするな。
川に落とされた船員さんたち、海賊の子分や上り船の兵隊との戦いの餌食にならないといいな…。

すっかり忘れてたけどヴァシリいたんだよね。前回はどこで待機してたんだろ…。

 

 

 

その他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第233話感想

ゴールデンカムイ第232話感想

ゴールデンカムイ第231話感想

ゴールデンカムイ第230話感想

ゴールデンカムイ第229話感想

ゴールデンカムイ第228話感想

ゴールデンカムイ第227話感想

ゴールデンカムイ第226話感想

ゴールデンカムイ第225話感想

ゴールデンカムイ第224話感想

ゴールデンカムイ第223話感想

ゴールデンカムイ第222話感想

ゴールデンカムイ第221話感想

ゴールデンカムイ第220話感想

ゴールデンカムイ第219話感想

ゴールデンカムイ第218話感想

ゴールデンカムイ第217話感想

ゴールデンカムイ第216話感想

ゴールデンカムイ第215話感想

その他のゴールデンカムイの記事を見る

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です