ゴールデンカムイ第195話感想

こんばんは、うたげです。
ヤングジャンプ連載中のゴールデンカムイ最新話の感想です。
ネタバレありますので未読の方・コミックス派の方は気をつけてくださいね。
言わずもがなアニメ派の方も!アニメ三期早く~

 

第195話 有古の庭

都丹――――ッ!!
今週はとにかくそんなお話…けっこうショックな展開です…。

 

見えてるぜ

読者はすでに都丹を知っているので盲点になりがちですが、菊田特務曹長たちは都丹の正体に気付いていないのですよね。
「下手くそな按摩」
「刺青の囚人の連れていた仲間が按摩さん」
坑道に入った時点ではこの二つの情報だけです。
そこに、
「氷筍の折れる音がすると狙撃してくる」
「素早く移動しているのに氷筍の折れる音がしない」
この二つが加わって、菊田特務曹長が正解にたどり着きます。
堂々と明かりをつけて、氷筍を避け都丹に近づくことに成功。
「目が見えない」と一口に言っても色々な状態があると思いますが、都丹の目は光をほとんど感知できないのでしょうか。
明かりよりも先ににおいで松明と気付いています。

明かりがあり距離も詰められていては都丹には形勢不利。
坑道から逃げ出します。

坑道から出るときの宇佐美くん、負傷という雰囲気が薄くて、あざといですね~。
菊田特務曹長にも、何なんだあいつは、みたいなこと言われていますし。
でも足を撃たれていても、いざとなったら猛ダッシュで手柄を上げに行きそうなところがありますよね宇佐美くん…。

あと、チノイェタッのシーンにいるのは、幼少期の有古でしょうか?
眉毛と目元がそのままでかわいい。
前髪がいかにも昔の子どもという感じ。
これって「チャンスの神様」ですよね…前髪しかないってやつ…。

 

八甲田山での捜索隊

登別は有古の庭
宇佐美に肩を貸す菊田特務曹長に命じられ有古一人で都丹を追います。

有古はなんと八甲田山での捜索隊にいたとのこと。
八甲田山雪中行軍遭難事件はすさまじい事故です。
興味のある方はぜひWikipedia(外部リンク・新しいタブが開きます)などで読んでみてください。
文章だけでも壮絶さが伝わってきます…。
ちなみに映画化もされていますが、トラウマ必至と聞いているため私は見ていません…怖いもの…。

八甲田山へ捜索隊として招聘されるほど雪山を知り尽くした有古。
フルネームは有古力松
彼にとっては手負いの按摩を仕留めることなんて容易いようです。
枝を踏み折る音を出すことで巧みに都丹を狙った場所へ誘導。

狙った場所へ都丹を誘導した有古が銃を撃ちます。
それは都丹を撃つためではなく山の斜面を撃つため。
山に振動を与え、雪崩を起こすため。

 

都丹、フラグ回収か?

ここで都丹目線に切り替わりますが、この演出の恐ろしいこと…。
月明かりが反射して明るい、雪をまとった山肌。
でも都丹の目にはその光は入ってきません。
彼の視界はいつでも暗闇。
暗闇の中、銃声が続くけれど、自分に当たる気配はない。
そんな中、耳慣れない音が響いてくる。
地の底が沸き立つ音。
全身でその振動を感じ取り、やがて音の振動だけではないと気付いたときには遅かったのでしょうね。
雪崩に巻き込まれるのだと悟った都丹のコマはオノマトペがなく、都丹の覚悟のようなものが感じられる演出です。
雪崩に飲み込まれる直前に「負けたぜ」と呟く都丹。
かっこよすぎる…でも切ない…お願い死なないで都丹…!!

都丹は、意外と感情を隠さないところ(硫黄山で苦役させられたことを憎んでいると言ったところやアシリパさんの言葉に降参した様子とか)、そのくせ土方さんの指示で平然と杉元たちを裏切ったところとか、けっこう人間くさくて魅力的なのですよね。
また、なんとなく不器用な感じがするからでしょうか、そこが私の好みのキャラクターたるところなのですよ。
(もう始末されてしまいましたが)登別の按摩さん仲間に「都丹さんのせいだ」「今すぐ行け」って言われてそのまま新月を待たずに行かざるを得なかったところとか…。
それでいくと温泉での盗賊団も、都丹がリーダーって感じでしたが、実はまとめるのにけっこう苦労していたんじゃ?とか考えてしまって、苦労人・都丹がまた可愛く思えてきます。
あとシニカルな感じで笑うのもけっこう好き…。

そんな彼は、網走監獄で無事だったように今回も生き残ってくれる、具体的には逃げおおせて土方さんと合流すると思っていたのですが…まさか雪崩だなんて…。

雪崩に巻き込まれた際には、手で当座の空気を確保し、泳ぐイメージで雪の流れに乗り、無理に逆らわないほうがいいと聞きますよね。
そんな知識を持ち合わせていてくれ都丹!
今回の「負けたぜ」は、相手の作戦にはまった、という意味であってほしい…命の奪い合いにおいて負けたという意味であってほしくない…
その不屈の生命エネルギーで、どうにか無事に生き残ってくれ、都丹!!
先週の「穏やかに暮らしたい」発言が思いっきりフラグになってるじゃないか都丹!
そういう伏線は私求めてないから!

次週、雪崩が収まった頃に有古が死体を回収しようとしたら、どこを見ても都丹はおらず、足跡が森の中へ続ていていた…という展開を期待してます!

 

この他のゴールデンカムイ関連の記事はこちら。

ゴールデンカムイ第194話感想

ゴールデンカムイ第193話感想

ゴールデンカムイ第192話感想

ゴールデンカムイ第191話感想

ゴールデンカムイ第190話感想

ゴールデンカムイ第189話感想

ゴールデンカムイ第188話感想

ゴールデンカムイ第187話感想

ゴールデンカムイ第186話感想

ゴールデンカムイ第185話感想

ゴールデンカムイ第184話感想

ゴールデンカムイ第183話感想

ゴールデンカムイ第182話感想

ゴールデンカムイ第181話感想

ゴールデンカムイ第180話感想

ゴールデンカムイ第179話感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です