ゴールデンカムイ第182話感想

こんばんは、うたげです。
毎週木曜日はヤングジャンプ発売日!
キロランケ一行と先遣隊が近付いてきてソワソワしたまま感想です!

 

第182話 私の知らない父のこと

ソフィアさんがウイルクについてキロちゃんに何か言うことがありそうだけど具体的には何も言わないまま、話は進みます。先週の予想は半分外れで半分当たりかな。展開としては重くないけど、空気は明らかに重い…。
耳のついたファーの帽子がニヴフの冬のトレンド

見張りいるのに爆破した穴から出た囚人を大量に見過ごすことってあるのか??爆破や囚人の暴動や虎やらで看守もしっちゃかめっちゃかになってるだけ?他の囚人も漁師に紛れてるとしたら、「いつもより漁師多いな~」くらいの感覚なのかな…。

ソフィアさんの語り、すべてキロちゃん翻訳…。このメンバーでソフィアさんの言葉(ロシア語でいいのかな?)と日本語どちらも堪能なのってキロちゃんだけなので、そのまま日本語に訳してるかはわからないですね。まだ核心を突いた話ではなさそうなのでそのまま伝えていないこともなさそうですけど。
「コケモモの塩漬け」の尾形は何なの…?コケモモの塩漬けといえば、樺太に入ったアシリパさんがエノノカのところで食べたもの。網走監獄の一件から日が浅くてまだ元気がなかったアシリパさんが、「ヒンナ」と言って少し笑ったという、何やら象徴的な食べ物。コケモモの塩漬けはアシリパさんが杉元の無事を信じられるくらい落ち着いてきたことを示した食べ物だから尾形はあんな顔をしているんでしょうか?杉元の存在を邪魔に感じているからそんな顔をしている…?
それとも、自分がキロランケと共謀して撃った男の話をキロランケがしているからでしょうか…。アシリパさんに対して父を殺したという負い目があるというのではないだろうと思います。目的のために人を殺すのも厭わない男ですし、負い目を感じるような人間なら始めからその手段だけを選ぶことはしないでしょうし。そうではなくてキロちゃんへの心情が表れているところなのではないかなと。ウイルクを殺したのは、ソフィアさんの言葉を日本語に訳す目の前の男も同じなのに、その殺した男の愛娘に向かって父親のことを何食わぬ顔で話している男の心境がわからない――といったところでしょうか。
今の段階ではまだわからないですね。

ここで樺太に来てから知った現地民族の文化をおさらいしているの、うまい構成だなと思います。先遣隊が追いついてきているので、これまでのように現地民との交流で話が進んでいくターンは終わりなんですよね。ここまでのことを振り返って締め括って、来るべき先遣隊との激突に備える空気の流れを感じます。
ウイルクがソフィアさんに樺太アイヌはじめ少数民族たちの文化を伝えるの、北海道に来たウイルクに北海道アイヌの文化をインカラマッが教えるところと似ていますよね。インカラマッから聞いた(であろう)ことを娘に伝えていて、麗しい連鎖です。アシリパさんがアイヌの文化を杉元に伝えるところでも似た構図のコマがあったような…川が流れていてそこに二人がたたずむという…。川沿いで会話するような季節は穏やかで、絵になるのでしょうね。そして、ウイルクに惹かれた者同士、インカラマッとアシリパさんには仲良くなってほしいです…。

極東連邦国家のところ、怖気づいて茶化すような反応をする白石に比べ、落ち着いたように見えるアシリパさん。自らが背負っているものの重みの全貌が明らかになりつつあり、父から受け継いだものを静かに受け止めているのでしょうね。アシリパさんがどうしたいのか・どうするのかはわかりませんが、父親の思いを無下にすることや和人(あるいは帝国)側に寄って行くことをするとは思えないので(彼女はアイヌであることに誇りを持っている)、もしキロランケの狙いがウイルクと同じでないならゆくゆくキロランケとアシリパさんは対立していくことになるのかな…と少し切なくなります。

先遣隊がかなり近くまで来ています。
リュウを信頼する杉元、いいですよね…。二瓶戦後に再開したときの噛みつきや、猛吹雪の中の犬ぞりではぐれたときのことなどを思うと、杉元とリュウの間には確固たる関係が築かれていて…。しかもここの杉元めちゃくちゃイケメンじゃないですか?今週の作画いい…。

さすがにトラと山猫を同じ猫科でかけているということはないと思いますが、尾形さんだけが気付く先遣隊の接近。そのまさかですよ…。出くわしたら真っ先に殺されそうだものなこの男…簡単には死なない男だとも思いますけど…(念のため断っておきますが私は尾形推しです!)

トラはどうなったのかな。来週は先遣隊vsトラなんでしょうか。ソフィアさんが言うには、トラを殺すと良くないそうですが…。トラをどうするとか、流氷の上を行くぞ!とかで、来週はわちゃわちゃする先遣隊が見れそうな予感。
キロランケと尾形が近付いているということで、杉元がまたキレるんですかね…。尾形推しとしては尾形に怒りを露わにする杉元は見ていてちょっとつらいところですが…。まずはアシリパさんの顔を見て笑顔、すぐに尾形とキロランケの攻撃がくるだろうから鬼の形相になるのかしら。尾形推しではあるけどどのキャラクターも好きなのでみんな仲良くしてくれ~!カムバックラッコ鍋~!!

 

この他のゴールデンカムイについての記事はこちら↓
ゴールデンカムイ第181話感想
ゴールデンカムイ180話感想
三脚と親(ゴールデンカムイ179話感想)

4件のピンバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です