ゴールデンカムイ180話感想

こんばんは、うたげです。
リアルタイムで追っている現在ほぼ唯一の漫画、「ゴールデンカムイ」の最新話の感想です。
コミックス派の方にはネタバレになります。自衛してくださいね。

 

先遣隊との激突間近!第180話 亜港脱獄

さて、今週号は、これだけで何かわかる!とか、今後の展開を想像するようなものではなかったと思います。次週以降の展開で解釈が変わりそうですね。

180話ということで順当にいけばこれがコミックス18巻の最終話になります。
お話のキリのよさでいうなら179話のほうだけれど…今後の展開を見ないとここでの区切りがどう受け入れられるかは正直まだよくわからないですね。
それにしても毎週扉絵のアオリが秀逸ですごいですね。流行を抑えてきます。今回のは私は元ネタを見たことないですが…(ほとんどテレビを見ないもので)。

 

亜港集団脱獄を目指して

ソフィアに会えばアシリパさんは何かを思い出すはず。そう信じるキロランケ主導で、4人は亜港監獄からソフィアを脱獄させる計画を進めます。
白石の指示で夜間に塀に穴を開け、日が昇ってもそれが見つからないように汚れた雪で隠す。白石の脱獄経験が活きています。
そして無人の灯台から爆薬を入手したキロランケ。それを四箇所に設置し、夜明けと同時に爆破。それがソフィアへの脱獄の合図です。

しかし、爆破はうまくいきません。四箇所設置したのに、うち三箇所は点火したのに爆発しない状態。爆薬の保存状態が良くなかったようです。

それでも一箇所の爆発が合図となり、目覚めが最高にいい高血圧ついでに血の気も多いソフィアさんは、他の囚人たちと脱獄を始めます。他の囚人がソフィアの手錠を外したり、実際には四箇所も空いていない塀の穴を見て「話が違う」と言っていたり、ソフィアは脱獄計画を囚人たちと共有していたようですね。集団脱獄させるというキロランケの目論見通りです。

爆発に気付く先遣隊のカット。双眼鏡で亜港監獄で爆発があったことを知った先遣隊一行。ついに追いつきましたね。先遣隊とキロランケ一行が邂逅するときが…!

監獄の中を見てみれば、どでかい木箱ぶん投げ・ハラショーアッパー・反重力ドロップキックで大活躍のソフィアさん。大量の囚人たちと監房の外に出ますが、爆破がうまくいかなかったため、塀に空いた穴は一箇所のみ。そこに囚人が殺到します。
しかし、外に出るとそこには虎が…。

というのが全体の流れです。
監獄と聞くと、作中で最も大きなターニングポイントとなった網走監獄が真っ先に思い浮かびますね。そこに忍び込む準備をしていたときよりも順調にサクサクと進んでいきます。
まぁ、監獄から脱出するというのは、おおよそすんなり終わらないと決まっているので、今回も予想だにしていなかった展開になっているんですけれど…虎って…。

 

アザラシ、馴鹿、再び

ここからはつらつら感想です。

アザラシを仕留めるアシリパさん、見覚えがありますね!
アシリパさんが嬉しそうにしているとこちらも嬉しいです。一番新しいコミックスでは、落ち込んだ様子で樺太に降り立った姿を見たばかりなので…。
浮きがついている銛を、氷上を滑らせて当てるという方法は面白いです。アオリにもあるように投擲の技術を使って、首を狙えますね。海から顔だけ出した状態のアザラシの首を狙うにはこれ以上ない方法でしょう。アシリパさんの肩の力でも仕留められるくらい勢いがつくのかな?なんにせよ、作中の狩りの様子は、道具や手法の詳細な描写のおかげで、実際にやっているところを見てみたい!と思わせてくれます。

そして唐突に馴鹿(トナカイ)。尾形好きに大激震の走った、勇作さんまさかの再登場回周辺を思い出します…。
「何かに追われて」ここまで来てしまったのは、尾形でしょうか、それともキロランケ?たった一頭、群れから外れ、時が経てば消えるであろう危うい流氷の上の道なき道を歩いてきたのは、一体誰なんでしょうか。誰のことを指しているんでしょう。

キロランケ尾形アシリパ白石組では、動物が何かの暗喩になっていることが多いので、ここでアザラシが出てきた意味や、馴鹿にアシリパさんが気付き尾形が「アイツも」と語った意味、きっと何かあるんでしょうね…。

 

灯台の爆薬、四箇所の爆破、虎

詳しくないのですが、灯台には港に出入りする船を監視する役割があって、つまりは敵と接する最前線でもあるわけだから、戦闘用の設備が整えてあるものなんでしょうか?以前に先遣隊が立ち寄った灯台守のご夫婦のところではないだろうし…。
しかもこの爆薬、保存状態がよくなかったのか、肝心のときに爆発しません。花火で言う湿気ているようなものでしょうか。
さらには、設置個所は四箇所。なぜ四箇所なのか?一箇所では看守も集中するので分散したほうがいいのはわかるのですが、キロランケたち脱獄の手引きする側が4人なので1人一箇所になります。これだともし爆破前に見つかってしまったときや失敗したとき、看守に攻撃されたときなどに危険な気がするんですよね…。なので四箇所にしたのは、キロランケが単独で何かしたかったからではないかと思っています。
実際に、爆破が成功したのはキロランケが担当した一箇所だけのように見えます。ここに囚人や看守を集中させたい狙いが何かあるのではないか?と思います。その狙いが虎に襲わせるわけではないと思うので、これは偶然で、キロランケも予想していなかった可能性が高いと思いますが。だって虎使いだったとしたら最強すぎますからね。

次週は、予想外の事態に慌てて、つい真の狙いを口走るキロランケが見られるのではないか?と予想しています。

 

 

2件のピンバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です